結婚以来7年間にわたる不妊治療の体験と、娘を授かってからの子育て体験情報を皆様にお届けしたい。

こそいく(不妊治療~子育てハック)

病気 育児

こどもの風邪は「耳鼻科」or「小児科」どちらで受診?

更新日:

 

こどもの風邪「小児科」耳鼻科」こどもは、しょっちゅう鼻水を出したり咳が出たりします。

症状が酷くなってくると病院に行くようにしていますが、

その都度「小児科」か「耳鼻科」のどちらに通うか迷ってしまいます。

この2者どちらを受診すればよいのでしょうか。

 

耳鼻科と小児科の特徴

耳鼻科の特徴

耳鼻科は、「耳・鼻・喉」に関するあらゆる症状を相談することができます。

特に小さいこどもは鼻水が出始めると中耳炎になりやすいです。

小児科と違い鼻や耳の奥を見ることができるファイバースコープ(内視鏡)をはじめとする専門的な機械を備えています。

これ故、耳鼻科は中耳炎に対して正確な判断ができます。

(しかも、耳垢が溜まっていると耳掃除もしてもらえます。)

また鼻水が出たときは鼻の中をきれいにする吸引処置やネブライザーなどの治療を受けることができます。

ところがデメリットとして、

耳鼻科では抗生物質を処方されやすいです。

そもそも、風邪はほとんどウイルス性のものなので、抗生物質は効果がないと言われています。

けれども、風邪という診断に自信がない場合「もしも細菌感染だったらいけないので念のため」という心理状態で処方されることが多いです。

(*すべての耳鼻科がそういうわけではないですが。)

 

小児科の特徴

小児科では、血液検査ができます。

他に、「ゼイゼイしていて咳もひどい」といったときには、胸の音を聞いてもらえます。

肺炎や喘息、心臓の病気に関しては小児科の方が詳しいでしょう。

それ以外にも、湿疹等も診てもらうことができます。

また病院によっては、子供の成長に沿った栄養管理指導もおこなってくれるところもあります。

先ほど耳鼻科の特徴でもお話ししましたが、薬の処方(抗生物質)に関しては、

小児科は弱めの薬が多いかもしれません。

中には、小児科の先生でも抗生物質ばかりを出す病院もありますので、一概には言い切れませんが・・・

 

我が家の使い分け

上記でも述べたように、風邪症状(熱・鼻水・咳・喉)がある場合は、どちらの科でも診断は可能です。

我が家では、以下の症状だと「小児科」に行くことにしています。

  • 高熱(38.5度~)が続きぐったりしている
  • 下痢や嘔吐がある
  • 咳が続く

高熱が続きぐったりしていると、風邪でなく他の感染症の疑いもあるからです。

下痢や嘔吐もその理由になります。

咳が続く場合は、「気管支炎」や「喘息」「肺炎」の可能性も否定できないので、小児科に通うことにしています。

 

また耳鼻科に行くときの症状は、

  • 元気だが鼻水が出て苦しそう
  • 耳を痛がる
  • 耳掃除をしてほしい

元気な様子だが鼻水のせいで咳が止まらない場合は、鼻水を吸ってもらいに行きます。

耳を痛がったり違和感あるような場合でも、中耳炎である可能性が高いので通います。

あと自分で耳掃除しても除去できないことが多いので、定期的に耳掃除をしてもらいに行っています。

 

その時の子供の症状から判断して、「小児科」と「耳鼻科」を使い分けています。

 

 

こどもの中耳炎

ここで、補足のタイトルにはなりますが、記事の中でも出ました「中耳炎」に関して少し書かせて頂きます。

こどもは風邪から中耳炎になることが多いです

しかも、中耳炎は繰り返し起こりやすいので甘く見ていると危険です。

 

「中耳炎」に関して、詳しくは別記事で書いていますので参考にしてください。

 

中耳炎

出典;アステラス

 

人の耳と鼻というのは、つながっています。

こどもが中耳炎になりやすいのは、耳と鼻が繋がっている道の機能が未熟だからです。

鼻から入った細菌やウイルスが、耳に移行しやすく簡単に中耳炎に進行します。

中耳炎には大きく分けて2種類あります。

  • 急性中耳炎(鼓膜の裏にウミがたまって痛みを伴う中耳炎)
  • 滲出性中耳炎(鼓膜の裏に液がたまって聞こえにくくなる中耳炎)

中耳炎は放っておくと慢性化し、最悪の場合は手術をしなければならないこともあります。

耳を痛がったり違和感があるようでしたら早めに耳鼻科に行くことをお勧めします。

 

まとめ

結論として、小児科・耳鼻科ともに風邪症状ならどちらでも診てもらうことが可能です。

個人的には、耳を痛がっている場合もしくは元気はあるが鼻が気になるので

あれば耳鼻科で良いと思います。

それ以外は小児科に行くのが良いかなと思います。

ご自身で症状の分別を決めておくのが良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

-病気, 育児
-

Copyright© こそいく(不妊治療~子育てハック) , 2020 All Rights Reserved.