しつけ 育児

こどもの指しゃぶり、続けると大変なことになります!影響と止めさせる方法

 

子供の指しゃぶり、いくつになっても治らない事に悩んでいるママはいませんか。

私の子供は5歳になるまで直りませんでした。

「無理やる直させるのはかわいそうだし・・・」なんて考えてしまいますが、指しゃぶりを続けさせると大変なことになるのです!!

私もそのことを知り、初めは可哀そうでしたがやめさせました。

今では、子供自身も指しゃぶりしない事が当たり前になっています。

1秒でも早く癖を直すよう頑張ってほしいです!!

 

指しゃぶりの影響

指しゃぶりをすると歯やあごに強い力が加わることになります。

とくに睡眠時に無意識に指しゃぶりをしていることが多くいうえ、加わる力が大きいです!!

困るゆみ
娘も寝る時が一番ひどかったな~

お医者さんが言うには、

一般的に5歳過ぎまでに指しゃぶりをやめないと、歯並びの変形につながるそうです。

では、指しゃぶりで起こる影響をまとめてみました。

注意

  • 前歯がかみ合わなくなる
  • 出っ歯になる
  • 上下の奥歯が横にずれるために前歯の中心が合わなくなる
  • 顎がずれる
  • 口呼吸になる

指しゃぶりが続けていると出っ歯になると言われます。

しかも、出っ歯になる事で歯のかみ合わせも悪くなってしまうのです。

歯のかみ合わせが悪くなることで、

食べる時にクチャクチャと音を立てるようになったり・前歯の間に隙間ができてしまう事により話している時に舌が突出して、舌たらずな話し方になることもあります。

困るゆみ
歯並びが悪いことで、将来色々な障害が出てきそうだよね。

指しゃぶりの原因

では、指しゃぶりをおこす原因は何なのでしょうか。

原因には大きく分けて2つあると言われています。

「眠気」「寂しさ」

「眠気」

子供は眠くなると、お母さんのおっぱいを呑んでいる状態と同じような状況を求めるのです。

お母さんのおっぱいに代わるものとして自分の親指を使うのです。

私の子供も眠るときに必ず親指を吸います。

吸わないと眠れないとも言っています。

おそらく親指を吸うことによって、心が安らぐのでしょう。

 

「寂しさ」

寂しくなると指しゃぶりをすることで脳内から「オキシトシン」と呼ばれる精神を安定させるホルモンが分泌されるのです。

いわゆる精神安定剤みたいなものなのでしょう。

大きくなってからも残っている指しゃぶりは、安らぎをえるための幼児期の指しゃぶりが癖として残っている事が多いようです。

 

指しゃぶりを止めさせる方法

では、本題に入ります。

指しゃぶりを止めさせることが出来る方法をいくつか紹介したいと思います。

1.口や手を使う事を増やす

一緒に遊んであげたり、お話をすることなどで、子供が指を吸う機会をわざと減らすのです。

とりあえず、紛らわすことで回数を減らしていきましょう!!

2.スキンシップを増やす

寂しさが原因の場合は、子供とスキンシップをたくさん取ることで心の安心を保ってあげると良いでしょう。

うちの子は、私が忙しく構ってあげられないときに瞬間に指を吸う事がありました。

なかなか時間をつくるのは難しいですが、少しでも作ってあげましょう!

3.指人形や手袋を使う

これは、実際に私が歯医者さんで紹介された方法です。

指人形や手袋を着けることで口に指を持っていきにくくなるので、自然と指しゃぶりがなくなると言われます。

ちなみに手袋は蒸れやすいので、軍手の方が通気性があり良いと思います。

4.市販の指しゃぶり防止の道具を使う

グリセリン(保湿成分)、スクワラン(整肌成分)を配合し、うるおいのある、なめらかなお肌に導くクリームです。
お子様やお子様とふれあうママ・パパにも使うものだから、食品原料99%以上でつくってあります。
(食品原料は食品由来及び食品添加物99%以上の成分です。)

無香料、無着色、無鉱物油で安心安全の日本製 です。

 


 

 

ギネス認定の強力苦み成分で高い抑止力を発揮します。

有機溶剤を使用していないので、鼻にくる刺激臭はありません。乾くと無色透明になるので塗布しても目立ちません。

ぬるま湯で洗い落とすことができるので楽ちんです。

安心の日本製です。


まとめ

こどもの指しゃぶりは、時間が経てばたつほど癖になり止めずらくなります。

親としては、やめさせたい思いになりますが、すんなりと止めるのは難しく初めは可哀そうに感じるかもしれません。

しかし、将来子供が困らないためにも早めの対処が大事です。

 

ゆみ

-しつけ, 育児
-

© 2020 こそいく(不妊治療~子育てハック)