不妊治療 治療全般

【2人目の不妊治療を考えている方】治療のための病院選びで気をつけたい事

 

2人目不妊1人目を妊娠して2~3年ごろ、そろそろ2人目が欲しいなと感じる頃です。

1人目はすぐに妊娠したのに、2人目がなかなか出来ないパターン結構多いんです。

年齢が経過すればするほど妊娠の確率も減っていきます。

2人目が本当に欲しい場合は早めの妊活が必要です。

 

2人目不妊の原因

2人目不妊の原因として一番大きいのは年齢になります

35歳を過ぎると卵子の老化が急速に進むので、妊娠しにくくなります。

また、受精卵が着床する子宮内膜も老化が始まり着床できず、妊娠が難しくなることもあります。

1人目で排卵が起こりにくかった人は、出産後も同じように卵巣機能不全になることもあります。

年齢による機能の低下だけではなく、環境やストレスからも妊娠しにくくなる場合もあります。

1人目の子育てへのプレッシャーやストレス、環境の変化で自律神経が乱れてしまいホルモンバランスが崩れて不妊に繋がるのです。

 

2人目不妊の治療

1人目の出産を終え、生理が再開してからタイミングを半年~1年取り続けているのに妊娠しない場合は、病院に行ってみるのが良いでしょう。

年齢に余裕があるなら急がなくていいかもしれませんが、最近は高齢出産が増えています。

2人目となれば、更に年齢が増えていきます。

早ければ早い方が良いでしょう

治療内容

2人目の不妊治療の内容は、1人目とそんなに変わりません。

1人目の妊娠で卵管が通っていてうまく妊娠しても、しばらく経つとまた詰まってしまうことはよくあるので、2人目不妊の時にも卵管造影検査をします。

別記事でも書きましたが、卵管造影検査をすると卵管の通りがよくなるので妊娠しやすくなるともいわれています。

また、加齢によりホルモンの状態が変化している可能性もあるので、卵管造影検査に加えてホルモンバランスを見る検査もおこないます。

そして、不妊の原因に対し薬を使用したり人工授精や体外受精をおこないながら治療していきます。

病院の選び方

1人目の不妊治療と違って子供を連れての通院は大変なもの。

2人目不妊治療で病院を選ぶ際のポイント

ポイント

・自宅から近い場所

・子連れOKの病院

・治療できる内容を確認しておく

2人目の治療の場合だと、他の患者さんに「一人目がいるのに・・・」と嫌悪感を感じられるのことがあります。

病院によっては、子連れNGと言う場所もあります。

逆に、病院の中にキッズスペースを設けているところもあります。

行く前に必ずチェックしておきたいところです!!

どうしても子供を連れていきにくい場合は、一時保育などを利用するのも手だと思います。

 

また、体外受精も考えている方はあらかじめ体外受精をおこなっている病院を選んだ方が良いかもしれません。

どうしても体外受精をおこなっている病院は限られます。

転院するのは後々面倒なので、最初から可能な病院を選ぶことをおすすめします。

大阪の北摂で体外受精をおこなっている病院をピックアップしましたので、この辺りに住んでいる方はこちらもぜひ参考にしてみてください。→ 「吹田市近辺で体外受精を行っている病院を徹底調査!!

まとめ

私も今現在、2人目不妊のために病院に通っている際中です。

最近になって、自分の老化を感じ始めてきたので、もう少し早めに治療を開始すればよかったとも思っています。

くどい様ですが、もう一度言わせてください。

本当に2人目を望まれるのなら早い方が良いです。

後悔しないよう計画して妊活をしてください。

 

ゆみ

 

-不妊治療, 治療全般
-

© 2020 こそいく(不妊治療~子育てハック)