病気 育児

子供も花粉症になります。花粉症は納豆で予防しましょう。

 

子供の花粉症

毎年、春になると花粉に悩まされているママブログのゆみです。

 

年々花粉の量が多くなってきています。

今年は今まで花粉症にならなかった人が発症するパターンが多いです。

そんな中、さらなる問題がおこっています。

子供も花粉症になっている傾向があるのです。

2歳のお友達も花粉症になっていました。

幼いころから花粉に悩まされるのは親としてもつらいものです。

そこで、花粉症予防にもなると言われている納豆をお勧めします。

 

子供の花粉症

子どもの花粉症は年々増えており、5~9歳で13.7%、10~19歳では31.4%と大人の発症率と変わらなくなっています。

花粉症の原因

花粉症とはアレルギー反応の事で、花粉から身を守ろうとする防御反応でおこるのが原因です。

子供の花粉症が多くなっている背景には、地球温暖化でスギ・ヒノキの花粉生殖に適した環境になっていることや、

両親が花粉症などのアレルギーにより子どもに遺伝していることが要因になっているのです。

しかし、残念ながら花粉症が自然完治することは無いとされています。

子供の花粉症の症状

子供の花粉症の症状は、大人とは若干異なります。

大人のように典型的なくしゃみやサラサラの鼻水のような症状ではなく、風邪に似ている症状です。

スギ花粉の場合は、花粉が飛散する時期が1月下旬~4月と風邪やインフルエンザが流行する時期と重なります。

そのため花粉症か病気かを判断しにくいです。

しかも、小さい子供は症状を具体的に伝えることが難しいため気づきにくいです。

親の私たちが注意を払う必要があるのです。

 

子供の花粉症予防

先ほども言いましたが花粉症は自然完治しないです。

大人が子供にしてあげられるポイントは、できるだけ体内に花粉を吸い込まないように注意して生活することです。

具体的な予防法は、

外からの花粉の侵入を防ぎ、身体の抗体力をつけることが対策法になります。

特に小さい子供は自分で予防することが出来ないので、親の私たちが守ってあげるようにしましょう。

 

花粉症に効果的な納豆

花粉症に効果的な納豆

花粉症は免疫バランスの崩れが一つの要因であるとも考えられています。

腸内には全身の70%ほどの免疫機能が備わっています

そこで納豆が注目されているのです。

納豆には、「納豆菌」が含まれています。

「納豆菌」は腸管免疫を刺激し免疫機能を高めることが期待できるといわれ、免疫機能の高まりによって免疫バランスを正常に整えることができるのです。

効果的な納豆の食べ方

花粉症対策に必要な納豆の食べ方は、

一日に1カップ(40g)を継続して食べることが効果的だと言われています。

食べ物でカラダに効果があらわれるのに最低1か月必要だと言われています。

花粉が飛散する1か月前の1月ごろから継続に食べることをお勧めします。

また納豆を食べる時間はいつでも構わないのですが、とくに納豆菌が吸収されやすい空腹時がより効果が高まります。

私は、花粉症対策で納豆と自然食塩を取り入れています。

自然食塩もアレルギーに効果があるとされています。

別記事で書いてありますので、興味のある方はぜひ → 「花粉症でお悩みの方必見!アレルギーの根本改善に効果的な塩」

今も継続中ですが、毎年薬なしでは過ごせないのに今年はほとんど使用することがなく過ごせています。

まとめ

大人でも辛い花粉症が子供にも発症するかもしれないと考えると恐ろしいです。

可愛い子供には辛い思いはさせたくないのが親心です。

花粉予防には体外からの侵入を防ぐのはもちろんですが、体内から予防するのもとても大切です。

納豆は、昔から栄養素が豊富で体にも良いとされてきました。

納豆の力で体の免疫力を高めましょう!!

 

ゆみ

-病気, 育児
-,

© 2020 こそいく(不妊治療~子育てハック)