子供用品 育児

3歳の時に買うならストライダー?へんしんバイク?

3歳に買うならストライダー?へんしんバイク?





2歳になると子供たちの間で流行り始める「ストライダー」、

我が家では娘の3歳の誕生日にストライダーを買うか、自転車を買うかで悩みました。

悩むゆみ
今更ストライダーだと、使える期間が短くない!?

そして・・・

悩んだ結果たどり着いたのが、「へんしんバイク」でした。

へんしんバイクとは

へんしんバイク出典:株式会社ビタミンiファクトリー

ストライダーとしても使え、ペダルをつけることで自転車にも変身する一台2役の乗り物です。

初めのうちはストライダーとして乗ることができます。

ストライダーでバランス感覚をもち、乗り慣れたフレームのままペダルとチェーンをつけて自転車に変身することができますので、恐怖心をなくしスムーズに自転車に乗ることが出来るようになるのです。

早い子だとわずか5分でペダル付きの自転車に乗ることが出来るようになります。

実際に、娘もペダルに変えて一日で乗ることが出来るようになりました。

ストライダー

出典:STRIDER

ストライダーと言えば、よく目にするのがこのタイプです。

早ければ1歳半から乗ることが可能で、足を地面でけることで走る・止まる・曲がるというコントロール性能と養うことができます。

また、軽いのでお母さんが公園に持ち運びしやすいのがポイントです。

最近では、ストライダー大会が開かれるほどの人気商品です。

しかし、こちらはへんしんバイクとは違いペダルを付けることが出来ません


へんしんバイクとストライダーの比較

ストライダーとへんしんバイクの比較をまとめたものになります。

 

へんしんバイク 2歳~6歳 14800円
(税抜き)
ストライダー 1歳半~5歳 10900円
(税抜き)

乗ることが出来る年齢は両者、さほど変わりません。

値段はへんしんバイクが約4千円程高くなります。

しかし、ストライダーと自転車を購入すれば2万~2万5千ほどかかると考えると、へんしんバイクは両方の機能が付いて1万4千円です。

考え方によっては安く済ませられるかもしれません。



へんしんバイクをお勧めします

個人的にはストライダーよりもへんしんバイクをお勧めします。

例えば3歳でストライダーを購入した場合、4歳前後で自転車にステップアップすると思います。

4歳前後の自転車のサイズは、下記の表を参考にしてください。

 

4歳前後だと、12インチか14インチで迷うところです。

娘が3歳で自転車を検討した際、12インチだと直ぐに小さくなりそうでした。

14インチになると逆に大きすぎて直ぐには乗れなさそうでした。

「小さくなったら直ぐに乗り換えたらいいじゃないか。」と言う考えの方はへんしんバイクでなくても良いと思います。

しかし、私のようになるべく長い期間買った自転車を使って欲しい場合はサイズが中途半端になってしまう可能性があります。

また自転車のコマ付きからコマを外すときに苦労しやすいのに対し、へんしんバイクは乗りなれたフレームのままペダルを踏みますので苦労せずに乗ることが出来ます。

 

メリット・デメリット

最後に、へんしんバイクとストライダーお互いのメリット・デメリットをまとめました。

へんしんバイク

メリット

・ストライダーのバランス感覚のまま自転車に乗れる

・ストライダーと自転車の両方になるので家計にやさしい

デメリット

・ストライダーに比べると重たい

・一度ペダルを付けると、ストライダーに戻すのに手間がかかる

ストライダー

メリット

・軽いので持ち運びに便利

・へんしんバイクよりも人気

デメリット

・5歳ぐらいになると乗る機会が減る

・自転車に買い替える必要がある

 

まとめ

ストライダーもへんしんバイクも各々メリット・デメリットがあります。

どちらもバランス感覚を養うことが出来ますので持っていて損はないのかなと思います。

個人的にはへんしんバイクが良かったですが、最終どちらを選ぶかは、お子さんと保護者の方の判断になります。

この記事が選ぶ際の情報として役立つことを願います。

 

ゆみ



 

-子供用品, 育児
-,

© 2020 こそいく(不妊治療~子育てハック)