結婚以来7年間にわたる不妊治療の体験と、娘を授かってからの子育て体験情報を皆様にお届けしたい。

こそいく(不妊治療~子育てハック)

お出かけ 吹田市 育児

【児童館】いつから行く?赤ちゃんは0歳から!利用方法まとめ

更新日:

児童館の入り方





5歳前になる娘が日に日に体力がつき始め、それに付いていくのに必死なママブログのゆみです。

 

前の記事で「大阪府吹田市にある児童館」について紹介させて頂きましたが、今回は児童館へいつから連れて行ったらよいのか?また、利用方法についても体験をもとにご紹介したいと思います。

「児童館に0歳の子を連れて行っていいのかな?」「どんな場所なのだろうかな?」「利用するには何をすればいいのだろうか?」と不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、心配しなくて大丈夫です!!

赤ちゃんは0歳から入れます。

しかも、ややかこしい手続きなしで簡単に利用することが出来ます。

今回はそんな不安な方のために、児童館の全貌をお伝えしたいと思います。

児童館はいつから?

児童館はいつから入れるのかと言いますと、0歳から入室可能になります。

しかも、18歳まで利用することが出来るのですから有難い場所です。

児童館の詳しい内容については「新米ママにお勧め!!大阪府吹田市にある児童館」をご覧ください。

施設自体は0歳から入ることが出来ますが、一般的に児童館デビューはいつぐらいが多いのでしょうか。

結論、経験談を踏まえ0歳6~9か月目の赤ちゃんが多いです。

ママが育児に慣れ始めたのと、赤ちゃんの首がすわってきたのが一番の大きな要因です。

6~9か月目になればハイハイも始まり、早い子だとつたえ歩きを始める子もいます。

そうなると、家では物足りなくなってきますし他のお子さんとの関わり合いも欲しくなります。

だからと言って、児童館に行く時期に決まりはありません!!

私の友達は生まれて1か月目に連れてきたママもいましたし、幼稚園になって初めて児童館に来たと言うお友達もいます。

ママが行ってみたいなと感じた時が行くタイミングだと思います。



児童館の利用方法

児童館がいつから行くことが出来るのがわかりましたので、

次に実体験に基づき、利用方法について書きたいと思います。

今回わたしが訪れたのは、吹田市立千里山竹園児童センターです。

吹田市立千里山竹園児童センターとても奇麗な建物で、隣にはグラウンドもありました。

分かりやすい建物なので、迷うことなく行くことができました。

駐輪場が建物奥にありますので、自転車やベビーカーでも行くことが出来ます。

残念ながら、駐車場は無かったので近隣のコインパーキングに停めなければなりません。

この日はちょうど赤ちゃん向けのイベントが行われていましたので、たくさんのベビーカーがとめられていました。

児童館に入る手続き

児童館に入るには、入館手続きが必要になります。

手続き方法は、用紙に住所・氏名・連絡先・年齢などの情報を記載して提出するだけです。

帰る際に、センターの方から使用証を貰うことが出来ます。

名前などは隠させていただいておりますが、こちらが使用証になります。

次回からはこのカードを受付で提出するだけで入館することが出来ます。

 

前に住んでいた関東の児童館も同じような方法で使用証を作ることが出来ましたので、大概の児童館が同じ方法でしょう。

心配な方は、前もって電話で問い合わせてみると確実です。

児童館の施設内容

大体どの児童館も施設内は似ていると思います。

今回行った吹田市立千里山竹園児童センターの中を紹介します。

建物は2階建てになっており、一階は二部屋に分かれていました。

こちらの部屋には、おままごとやブロックが置いてあり自由に遊ぶことが出来ます。

また受付に行けば、他のおもちゃを借りることが出来ます。

この日は残念ながら人が少なかったのですが、多ければ気の合ったお友達とも一緒に遊ぶことが出来そうです。

もう一つの部屋は障害物が何もなく、乗り物タイプのおもちゃを自由に使用することが出来るのでお友達に怪我をさせることなく遊べます。

 

2階は、三部屋に分かれていました。

この部屋はとても広く、小学生が思う存分走り回ることが出来そうでした。

この日は人が誰もいなかったので、ここの部屋で子供と遊んでいました。

隣の部屋には、

学習室図書室がありました。

体を動かすだけでなく、勉強をしたり本が読めるのはありがたいです。

学習室では、お昼ご飯も食べることが出来ます。

 

お昼ごはん後は、隣の部屋にある図書室へ

棚には、ずらりと本が並んでおり好きに読むことが出来ます。

 

その横には、手に取りやすい配置に絵本が置かれていますので小さなお子様も利用できます。

こちらの本はすべて借りることが出来ます。

図書館代わりにもなりますね。

 

最後に建物横にあるグラウンドになります。

部屋遊びが飽きたら外でも遊ぶことが出来ますので、

一日中楽しむことが出来そうです。

 

ここまでが、児童館の全貌になります。

児童館はゴールデンウィーク・年末年始以外は基本的に利用することが出来ますので、学校の夏休みや冬休みもぜひ利用したいものです。

児童館に言った事のないママも、気構えなく行ける場所ですのでぜひ一度行ってみてください。

 

ゆみ



-お出かけ, 吹田市, 育児
-

Copyright© こそいく(不妊治療~子育てハック) , 2020 All Rights Reserved.