結婚以来7年間にわたる不妊治療の体験と、娘を授かってからの子育て体験情報を皆様にお届けしたい。

こそいく(不妊治療~子育てハック)

しつけ 育児

5歳児にも起こる反抗期!親が出来る接し方についてまとめてみました

更新日:

 

泣く5歳児




子供は成長していくにつれて見た目も大きくなっていきますが、同時に心も成長していきます。

親が思っている以上に子どもの心の成長は早いです!!

困るゆみ
娘も5歳になってから急に大人並みの感情表現が出るようになってきました!

そのため、無理に抑圧しようものなら情緒が不安定になり感情を爆発させる毎日です。

毎日のやり取りで正直疲れてきます・・・

しかし、子どもが自分の感情を表現することは一概に悪いと言えません。

落ち込むゆみ
ただ、毎日対応しなければならない親からすると滅入ってしまう事もしばしば・・・

同じような悩みでつらい思いをしているママやパパに向けて、私なりのアドバイスを出来たらと思います。

この記事でわかること

・5歳児の特徴

・5歳児の反抗期

・子供の情緒不安定

・子供への対応の仕方

5歳の子供の特徴

困るゆみ
5歳になって急に生意気になったんだけど、うちのこだけなのかしら??

自分の子だけ?」と思ってしまうと余計に不安になってしまいますよね。

5歳児の特徴についてまとめてみました。

特徴

・身の回りの事が出来るようになってくる

・集団で行動が出来るようになってくる

・周りや大人の事をよく見ている

 

5歳にもなればトイレに自分で行けるようになったり、身の回りの支度をすることも出来るようになってきます。

早い子ですと、一人で電気を消して寝ることも出来ます。

また幼稚園や保育園に通うことで、集団生活の中で協調性が出てきたり、自主性も身についてきます。

そして、普段から大人のやり取りもしっかりと聞いて、観察力や洞察力もぐんと上がる時期にもなります。

 

驚くゆみ
先日、私と主人が喧嘩した際の内容もしっかり覚えていました

 

私たちが想像している以上に、5歳にもなれば子供のようで子供ではなくなっています!

5歳児の反抗期

娘は5歳になってから、私に対し「わがまま」「いじわる」「癇癪」がひどくなってきました。

色んな情報を調べていると、どうやらわずか5歳は反抗期が来るようなのです。

困るゆみ
反抗期と言えば中学生や高校生のイメージだったのに!!

「5歳児の反抗期」の特徴についてまとめてみました。

5歳児の反抗期

・口答え
・無視
・暴力や暴言
・すぐ怒る

 

娘は「わかってる!」「うるさい!」「そうじゃないし!」と、カチンと来るような言葉をよく使います。

周囲に影響されやすいですので、言葉も巧みになってきます。

しかし・・

反抗期ってすごく大事なんです!!

5歳児では、まだ大人のように自分自身のバランスの崩れをコントロールできない年頃です。

そのバランスを保とうと、身近にいる親に反抗しようとするのです。

しかし反抗とはうらはらに、まだまだ親に甘えたい盛りです。

こころの成長は決しておかしなことではないのです!!

理解するゆみ
私だって反抗期があって、今に至るんだもんね

 

反抗期が来るのはごく普通のことで、むしろ最近は「いい子症候群」と言う子が増えており、そちらの方が心配してしまう状態です。

この「いい子症候群」に関して、詳しくは別記事でも書いています。

子供の情緒不安定

思い通りにならず泣く女の子

先ほどまでは5歳児の反抗期についてお話してきましたが、

反抗期とはまた別物で「情緒不安定」と言う言葉も存在します。

こどもに「情緒不安定」なんてあるの!?って驚かれるかもしれませんが、あります!!

私の娘の場合、反抗期と同時に夜中に泣き叫んだりすることがありました。

この行動は、ストレスによって情緒が不安定になっている可能性も否めません。

悩むゆみ
情緒不安定ってどの様な行動をとるんだろう?

「情緒不安定な子」が起こしやすい行動をまとめてみました。

情緒不安定

・暴力的・攻撃的
・髪いじり、指しゃぶり、チック、爪かみ・疑惑症(臭いかぎ、手洗いぐせ)
・強迫傾向、潔癖症、嫌悪症、対人恐怖症、虚言、収集癖、無関心、無感動
・夜尿症、頻尿症

 

情緒不安定とは、外部の刺激によって精神的に動揺してしまう事をいいます。

このような症状が子供に出てしまうには必ず原因が存在するはずなのです。

情緒不安定の原因

子供が不安定になるのには、家庭に問題がある事が多いです。

・強度の過干渉

・過関心(子どもが気を抜けない環境)

・愛情不足

・家庭崩壊(夫婦喧嘩)

・暴力、虐待

そもそも家庭と言う場所は「体を休め、疲れた心をいやす、いこいの場」という場所であって、外で受けてきたストレスを家庭で癒すことが本来の意味でもあります。

子供は大人以上に神経的な要素に弱い性質なのです。そんな弱い性質の子が外でも家でも四六時中、ストレスを浴び続ければ何らかの支障がおこるのも間違いないのです。

我が家を例に検証してみると、

①最近夫婦喧嘩が絶えない
②疲れていて子供に愛情を注げていない
③過干渉

この3点が当てはまりました。

子供はまだ自分の3分の1程度の大きさです。こんな小さな体でストレスを抱え込んでいたら支障が出るのは当たり前のことです。

参考した資料に、このような事が書かれていました。

子どもは、肉体的に疲れたときは、「眠い」と言う。子どもが「疲れた」というときは、神経的な疲れを疑う。

子供の口から出た「疲れた」と言う言葉は、ココロのSOSの一つかもしれません。

いち早く親として気づいてあげることが大切です。



反抗期や不安定な子供への接し方

楽しそうな親子

反抗期と情緒不安定では性質が全く異なります。

しかし、この両者に対して親が出来る「こどもへの接し方」は同じです。

親の接し方についてまとめてみました。

ギュッと抱きしめる

この方法は多くの人が言います。

わたしも幼稚園の先生に相談した際にアドバイスされた方法です。

 

人には「オキシトシン」と呼ばれる幸せホルモンが存在します。このオキシトシンはストレスを軽減したり不安感を取り除いてくれるような作用があるのです。

オキシトシンを放出する方法として代表される方法がギュッと抱きしめることです。

私は昔から相手に愛情表現を表すことが苦手です。しかし、そうは言ってられない状況なのだと気づき改善している最中です。

叱り方や怒り方の改善

私のように完璧主義で真面目な性格の人ほど、「~すべき」「~が当たり前」という考え方が強いです。

ですので子供に対してもそれを押し付けてしまいがちになり、思うように従わなければ「叱る」と言うよりも「怒る(自分中心で合わせようとする)」気持ちが高まってしまうのです。

子供は大人と違い親には忠実です。

そのため、矛盾する事でも我慢し続けて言うことを聞こうとします。

それが溜まっていけば不安定や反抗しようとするのは当たり前のことです。

「叱る」「怒る」と言う行動の本来の意味を見つめなおすべきなのだと感じました。

子供を一人の「人」として接する

子供は自分の操り人形ではないと言う事です。

私たち大人が考え方や意見を持つように、子どもにもあることなのです。

それを尊重しなければならない事に気づかされました。

私は娘が前触れもなく突然、癇癪を起したり不機嫌になったり夜中にうなされたりと今までに無かった行動を起こすようになって気づかされました。

もう手遅れなのではないか・・・・と不安に押しつぶされそうでしたが、遅くは無いです!!

明日・明後日に戻ることは難しいかもしれませんが、長い目で改善するのを待つしかありません。

私も現在、今までの自分を改めて接し方を変えている最中です。

ここ最近は、娘が嫌な顔をすることや泣き叫ぶことが減りつつあります。

このような考え方は人それぞれ受け取り方も異なります。

困っていてどうするべきなのかわからない方に少しでも力になれればと思います。

 

 

ゆみ



 

 

-しつけ, 育児
-

Copyright© こそいく(不妊治療~子育てハック) , 2020 All Rights Reserved.